ホーム » 第二種電気工事士 技能試験対策 » その他、雑学 » ランプレセプタクルへの結線 シースの剥ぎ取り寸法

【広告】

【PR】

【PR】

セキュリティ保護のためSSL(暗号化技術による送受信)を使用しています。

ランプレセプタクルへの結線 シースの剥ぎ取り寸法

電気工事士の技能試験では
ランプレセプタクルへの結線がよく出題されます。

書店に並んでいる多くの参考書では
シースの剥ぎ取り寸法を5センチとしている場合が多いですが、
5センチで施工した場合、少しはみ出してしまう。

ランプレセプタクルはカバーが閉まらないような結線をすると欠陥となるので
4センチで結線することをおすすめします。

4センチで少し窮屈な場合は、4.1~4.3センチなど
練習しながら微調整することをおすすめします。

以下の写真をご参考にしてください。

電気保安塾のツイッター↓↓

youtubeチャンネルの登録も宜しくお願い致します↓↓


第一種・第二種電気工事士 試験工具と材料の購入はこちらから↓↓(テキスト付属多数)
【電池屋】電気工事士技能試験対策電線・器具材料セット