ホーム » 第二種電気工事士 技能試験対策 » その他、雑学 » ランプレセプタクルへの結線 シースの剥ぎ取り寸法

ランプレセプタクルへの結線 シースの剥ぎ取り寸法

電気工事士の技能試験では
ランプレセプタクルへの結線がよく出題されます。

書店に並んでいる多くの参考書では
シースの剥ぎ取り寸法を5センチとしている場合が多いですが、
5センチで施工した場合、少しはみ出してしまう。

ランプレセプタクルはカバーが閉まらないような結線をすると欠陥となるので
4センチで結線することをおすすめします。

4センチで少し窮屈な場合は、4.1~4.3センチなど
練習しながら微調整することをおすすめします。

以下の写真をご参考にしてください。