【広告】

【PR】

【PR】

セキュリティ保護のためSSL(暗号化技術による送受信)を使用しています。

接地抵抗測定の方法

試験では配置の順番と距離がよく出題されます。
E-P-Cの順番で、直線上に10m間隔で配置して接地抵抗を測定します。

測定の前には以下のことを確認する。

1.電池容量が正常であること
2.地電圧が許容値以下であること
3.端子間を短絡して、指示計の零点を調整すること

接地抵抗計はアナログ形とデジタル形があるが、いずれも出力電圧は交流電圧である。

 

電気保安塾のツイッター↓↓

youtubeチャンネルの登録も宜しくお願い致します↓↓


第一種・第二種電気工事士 試験工具と材料の購入はこちらから↓↓(テキスト付属多数)
【電池屋】電気工事士技能試験対策電線・器具材料セット