合成抵抗

抵抗の接続には、直列接続と並列接続があり、

直列回路では、各抵抗の和で求められる。

並列接続では、各抵抗の逆数の和の逆数で求められる(ちょっと複雑)