ホーム » 第二種電気工事士 筆記試験対策 » 屋内幹線と分岐回路 » 分岐回路の過電流遮断器の施設位置

【広告】

【PR】

【PR】

セキュリティ保護のためSSL(暗号化技術による送受信)を使用しています。

分岐回路の過電流遮断器の施設位置

原則として、幹線の分岐点から3m以下の場所に分岐開閉器を施設しなければならないが、

分岐した電線の許容電流と幹線の過電流遮断器の定格電流の割合で、3mを超える位置に施設することができる。

 

電気保安塾のツイッター↓↓

youtubeチャンネルの登録も宜しくお願い致します↓↓


第一種・第二種電気工事士 試験工具と材料の購入はこちらから↓↓(テキスト付属多数)
【電池屋】電気工事士技能試験対策電線・器具材料セット