ホーム » 第二種電気工事士 筆記試験対策 » 過電流遮断器の動作時間

過電流遮断器の動作時間

過電流遮断器とは
回路に過大な電流が生じたときに電路を自動的に遮断する装置で
ヒューズと配線用遮断器(ブレーカ)が過電流遮断器の機能を有する。

ヒューズは過電流によるジュール熱で溶断し、一度溶断すると取替えが必要である。
配線遮断器は熱や電磁力により過電流を検知する素子が内蔵され、動作後も復帰が可能である。