ホーム » 第二種電気工事士 筆記試験対策 » 低圧電路の絶縁抵抗

低圧電路の絶縁抵抗

電気設備技術基準第58条により
電気使用場所における低圧電路の電線相互間及び電路と大地との間の絶縁抵抗は
開閉器や遮断器で区切ることができる電路ごとに下記の規定値以上の絶縁を保たなければならないとされている。

なお、絶縁抵抗の測定が困難な場合は、同電路区分ごとの漏洩電流が1[mA]以下であればいいとされている。