ケーブルの種類

ケーブルとは

導体に絶縁を施した一本一本の絶縁電線の上にシース(保護外被覆)を施した電線をいいます。

 

シースとはケーブルの最も外側の被覆のことを指し、絶縁体を更に保護するものをいいます。

ケーブルを構成している素材や芯数が変わることによって許容電流が変ります。

それに応じてケーブルの柔らかさや強さが変わり使用する環境や用途も変わります。

シース素材として天然ゴムやクロロプレンゴム(ネオプレン)、 ビニルなどがあります。

 

 

600Vビニル絶縁ビニル外装ケーブル(VVF、VVR)
・IV線をビニル外装で覆ったもので、屋内、屋外、地中配線などで多用されている。
・VVFは平型、VVRは丸型を表す。

 

 

架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)
・難燃性、自消性に優れていて、許容温度は90℃
・主にビルや工場など容量が大きい低圧配線で使用されている。

 

 

MIケーブル
・耐水、耐熱、耐湿、耐燃、耐油、耐候性に優れ、高強度である。
・導線と外装間に酸化マグネシウムなどの無機質の絶縁体が充填されている。
・外装には金属が使用される。

 

 

キャブタイヤケーブル(CT)
・通電状態のまま移動が可能である。
・ゴム系は耐摩耗性、耐衝撃性に優れている。
・ビニル系は柔軟性・耐水性・耐熱性に優れている。