絶縁電線の種類

絶縁電線とは
銅線などの導体をビニルやポリエチレンなどの絶縁体で覆ったものをいう。

●600Vビニル絶縁電線(IV)
・屋内配線に用いられ、許容温度は60℃
・心線には単線とより線があり、緑のIV線はアース線に用いられる。

●600V二種ビニル絶縁電線(HIV)
・絶縁体に耐熱ビニルを使用しており、IV線よりも熱に強い電線で、許容温度は75℃

●600V耐燃性ポリエチレン絶縁電線(EM-IE)
・IV線と見た目は変わらないが、絶縁体にポリエチレンを使用している。
・塩素は鉛成分を含んでいないので、人や環境にやさしく、許容温度は75℃

●引込用ビニル絶縁電線(DV)
・電柱からの引き込み配線に使用される。
・屋外で使用されるため、対候性、耐久性に優れている。

●屋外用ビニル絶縁電線(OW)
・構内に引き込まれてからの架空配線などに使用される。
・主に架空配線に用いられるため、軽量に設計されている。