電線の許容電流と電流減少係数

電線の許容電流は流すことができる最大値のことで

許容電流を超える電流が流れると発熱による被覆の劣化や火災発生の恐れがある。

 

電線の抵抗値が大きいほどジュールの法則により、発熱量が多くなるため許容電流は小さくなります。

したがって、電線が太いほど電線の抵抗が小さくなるため、許容電流が大きくなります。

 

 

絶縁電線の許容電流は以下のとおりです。

 

 

 

コードの許容電流は以下のとおりです

 

 

 

ケーブルの場合や電線を金属管などの管内に収めると、熱放散が悪くなります。

電線の許容電流は以下の電流減少係数を掛けた値となります。