接触防護措置と簡易接触防護措置

接触防護措置とは

電気設備に人が触ることができないようにすることで

電気設備技術基準の解釈では以下のように定義されています。

 

 

  • 接触防護措置

・設備を、屋内にあっては床上2.3m以上、屋外にあっては地表上2.5m以上の高さに、かつ、人が通る場所から手を伸ばしても触れることのない範囲に施設すること。

・設備に人が接近又は接触しないよう、さく、へい等を設け、又は設備を金属管に収める等の防護措置を施すこと。

 

 

  • 簡易接触防護措置

・設備を、屋内にあっては床上1.8m以上、屋外にあっては地表上2.0m以上の高さに、かつ、人が通る場所から手を伸ばしても触れることのない範囲に施設すること。

・設備に人が接近又は接触しないよう、さく、へい等を設け、又は設備を金属管に収める等の防護措置を施すこと。