ホーム » 第二種電気工事士 技能試験対策 » その他、雑学 » パイロットランプの「常時点灯」「同時点滅」「異時点滅」の考え方

【広告】

【PR】

【PR】

セキュリティ保護のためSSL(暗号化技術による送受信)を使用しています。

パイロットランプの「常時点灯」「同時点滅」「異時点滅」の考え方

パイロットランプの

1.常時点灯回路

2.同時点滅回路

3.異時点滅回路

についてシンプルな考え方をご紹介いたします!

 

1.常時点灯回路

常時点灯回路はスイッチの影響を受けず、常に電気が供給されている状態です。

考え方はコンセントと一緒です。

 

2.同時点滅回路

同時点滅回路は負荷と並列に結線され、スイッチと同時に点灯します。

 

3.異時点滅回路

パイロットランプと電灯が常に点灯しているように見えますが

パイロットランプの内部抵抗は非常に大きいため

分圧の公式により、ほとんどの電圧はパイロットランプに加わりますので

電灯は電圧が足りず、点灯することができません。

スイッチを入れると、パイロットランプが短絡されるので電灯が点灯します。

 

 

複線図を複雑に見ている方は、電気回路の基本を思い出して

シンプルに考えることをおすすめします!

電気保安塾のツイッター↓↓

youtubeチャンネルの登録も宜しくお願い致します↓↓


第一種・第二種電気工事士 試験工具と材料の購入はこちらから↓↓(テキスト付属多数)
【電池屋】電気工事士技能試験対策電線・器具材料セット