ホーム » 第二種電気工事士 技能試験対策 » 欠陥例一覧 » 差込形コネクタによる電線接続 欠陥例

差込形コネクタによる電線接続 欠陥例

差込コネクタによる接続の欠陥例をご紹介いたします。

1.心線が露出している

2.心線の挿入不足(先端の透明の部分から心線が見えない)

以上のように、差込コネクタによる接続は短すぎても、長すぎても欠陥となります。