鑑別と配線図記号に関する問題は15~20問程度(30~40%)出題される!

第二種電気工事士の筆記試験では

器具や工具などの写真や配線図記号を見て、名称や用途を選ぶ問題が出題されます。

 

毎年15~20問程度(30~40%)出題されますので、捨てるわけにはいきません。

 

この手の問題は、暗記すれば解答することができますので、

少しずつでいいので覚えていきましょう!

 

  1. 配線図記号一覧
  2. 鑑別一覧


youtubeで全13問の作業の流れと複線図の書き方を解説はこちら


【管理人のおすすめ☆】
技能試験の材料や工具を買うならここがおすすめです↓↓ 楽天市場最安!送料無料!楽天ポイントが2~4倍! クリップなどが無料でプレゼント!

【NEW】【送料無料】【楽天最安値に挑戦♪】2019年度第二種 電気工事士 技能試験セット】 IK21オリジナルセット〓電線、器具(候補問題 2回分+αセット)♪〓IK21-010

Author: Library管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。