電線の抵抗 二種電気工事士の筆記試験で90%以上の出題率

第二種電気工事士の筆記試験では電線の抵抗に関する問題がよく出題され、

平成21~29年度の試験で90%以上の確率で出題されています。

この問題は下記の公式を暗記すれば、解ける問題ですので必ずマスターしましょう。

 

 

公式を答えるだけの問題も出題されることがありますので

上記の公式を覚えていれば、すぐに解くことができます。

ただし、直径の単位が【mm】で表されることが多いので単位に注意しましょう!

 

そのほかにも、

2つの電線の抵抗値を比べて、何倍かを求める問題や、

近い抵抗値の電線を選ぶ問題などが出題されます。

 

いずれにしても、公式をしっかり覚えておけば解くことができます。

 

 

それでは、過去の問題を元に解説していきます。

 

【平成29年度上期 問3】

A、B 2本の同材質の銅線がある。

Aは直径1.6mm、長さ20m、

Bは直径3.2mm、長さ40mである

Aの抵抗はBの抵抗の何倍か。

 

【解説】

問題文で、銅線の太さを直径Dで表しているので、下記の公式を使います。

抵抗率ρは同材質なので同じです。

AとBの電線の直径と長さをそれぞれ公式に代入します。

直径の単位が【mm】なので注意してください。

 

よってAの抵抗はBの抵抗の2倍となります。

 

 

 

【平成28年下期 問3】

直径2.6mm、長さ10mの銅導線と抵抗値が最も近い同材質の銅導線はどれか。

イ、直径1.6mm、長さ20m

ロ、断面積5.5m㎡、長さ10m

ハ、直径3.2mm、長さ5m

二、断面積8m㎡、長さ10m

 

【解説】

導線の太さを直径D[mm]と断面積S[m㎡]で表しているので、

下記の2種類の公式を使う。

 

 

上記の公式に代入して

問題文の抵抗値と選択肢それぞれの抵抗値を求めます。

 

したがって、問題文の銅導線の抵抗値と最も近いのは「ロ」であります。

 

 

 

解説した問題以外にも、

電線の許容電流に関する問題も出題されることがあります。

 

下記の関係性を覚えておきましょう。

●電線の抵抗は、電線の長さと抵抗率に比例し、断面積または直径の2乗に反比例する。
●電線の抵抗が大きくなると、電線の許容電流は小さくなる。
●周囲の温度が上昇すると、導体の抵抗率が大きくなるので、抵抗が大きくなり、許容電流が小さくなる。

Author: Library管理人

1 thought on “電線の抵抗 二種電気工事士の筆記試験で90%以上の出題率

  1. とても分かりやすいです。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。