第二種電気工事士の筆記試験で出題確率60%の問題!

第二種電気工事士の筆記試験で

平成21~29年の計16回の試験で約60%の確率で出題されている問題があります。

 

それは、電気工事士法に関する問題で

下記の2つの内容を丸暗記すれば解答することができます。

電気工事士でなければ従事できない作業
電気工事士でなくてもできる軽微な工事

 

 

Author: Library管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。