変圧器の鉄損と銅損

 

変圧器の損失は負荷状況に関係なく発生する無負荷損と負荷電流によって変化する負荷損に分けられます。

 

無負荷損は主にヒステリシス損とうず電流損からなる鉄損ですが,励磁電流による巻線抵抗損や絶縁物の誘電体損も含まれます。

 

負荷損は主に負荷電流による巻線の抵抗損であり銅損とも呼ばれますが,

漏れ磁束による表皮効果によって巻線の実効抵抗が増加することによる抵抗損や

巻線以外の金属構造物に発生するうず電流による漂遊負荷損が含まれます

Author: 20歳の電験受験生(備忘録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。